All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)のストーリー・エピソード

1963年11月22日にビートルズの2枚目のアルバムとして発表された、「With the Beatles(ウィズ・ザ・ビートルズ)」に収録され、今でも多くの人に愛される名曲がこの「All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)」。

たった2:07の曲だが、ポールのウォーキングベースと、ジョンの3連符のコードストロークが印象的で、アップテンポな曲調だけでなく、曲の素晴らしさに惹きつけられてしまう。歌詞も和訳を見ると分かる通り、恥ずかしい程ストレートに想いを歌っている。リードボーカルもポールが歌っているように、まさしくポールの曲と分かり、かつ素晴らしい名曲だ。

私も当然ずっと前からこの曲は知っているが、聴けば聴くほど素晴らしく、今でも感動させられる。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

withthebeatles title01 All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)
album01 With the Beatles(ウィズ・ザ・ビートルズ)
artist01 The Beatles(ザ・ビートルズ)

All My Lovingの動画・PV

 
"僕の全ての想い、君に送るよ"

All My Lovingの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    *目を閉じてごらん、キスをしてあげるよ
    明日になれば君を恋しく想うだろう
    覚えておいて、いつでも僕がそうを想っていることを
    それに僕が家を離れている間
    毎日君に手紙を書いて
    僕の全ての想いを君に送るよ

    僕はきっとキスしているつもりで
    その君の唇を恋しがっているだろう
    そして僕の想いが叶うように祈るよ
    それに僕が家を離れている間
    毎日君に手紙を書いて
    僕の全ての想いを君に送るよ

    僕の全ての想い、君に送るよ
    僕の全ての想い、ダーリン僕は真剣だよ

    くりかえし*

    僕の全ての想い、君に送るよ
    僕の全ての想い、ダーリン僕は真剣だよ
    僕の全ての想い、僕の全ての想い
    僕の全ての想い、君に送るよ
  • 【英語歌詞】

    *Close your eyes and I'll kiss you,
    Tomorrow I'll miss you;
    Remember I'll always be true.
    And then while I'm away,
    I'll write home ev'ry day,
    And I'll send all my loving to you.

    I'll pretend that I'm kissing
    The lips I am missing
    And hope that my dreams will come true.
    And then while I'm away,
    I'll write home ev'ry day,
    And I'll send all my loving to you.

    repeat*

    All my loving I will send to you.
    All my loving, darling I'll be true
    All my loving, All my loving
    All my loving I will send to you.

英詞の単語・述語ピックアップ

pretend [prɪténd]:(…の)ふりをする, (…を)偽って主張する

名曲への感想

感想は後ほど。