She's Always A Woman(シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン)のストーリー・エピソード

この名曲「She's Always A Woman(シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン)」は1977年に発表されたアルバム「The Stranger(ザ・ストレンジャー)」に収録されたもので、当時の彼の妻であるElizabeth Weber(エリザベス・ウェバー)について歌われたものである。

ラブソング、と言われると歌詞、和訳を見る限り微妙?な部分もあるが、それは触れないことにしつつも、この歌詞の表現は面白いなと思う。歌詞を和訳しながら苦笑いをした。いかに彼女のわがままっぷりを表しつつ、だけど自分の前では1人の女性なんだと愛情を表現し、よく考えろよ、とでも言いたげに、結婚前の自分に語るような内容とも取れる。

色々の想いの形があるが、それをこんな名曲に変えられることが尊敬に値する。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

Billy Joel(ビリー・ジョエル)の名曲、She's Always A Woman - シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマンが収録されたアルバム title01 She's Always A Woman(シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン)
album01 The Stranger(ザ・ストレンジャー)
artist01 Billy Joel(ビリー・ジョエル)

She's Always A Womanの動画・PV

 
"僕にとってはいつも1人の女性なんだ"

She's Always A Womanの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    彼女はその微笑みで悩殺し、その瞳で傷を負わせることもできる
    何気ない嘘で君の信頼を壊してしまうことも
    それに彼女は自分が君に見せたいところしか見せようとはしない
    彼女は子供みたいに隠れるけど、僕にとってはいつも1人の女性なんだ
    彼女は君を愛に導いてくれることもできるけど、連れていったり放置したりもできる
    真実を求めるけど、決して君を信じたりはしないだろう
    そして君から求められないかぎり、与えられたものは何でも受けとるだろう

    そう、彼女は泥棒みたいに盗むけど、僕にとってはいつも1人の女性なんだ
    あぁ、彼女は自分のことしか考えてない、もしその気であればまっているはずだ
    彼女は時間も超越しているよ
    あぁ、彼女は自分から与えることもなければ、屈服することもない
    彼女はただ心変わりするだけさ

    それにきっと彼女はエデンの園より素敵なものを約束してくれたかと思うと
    その後、無意識に君を傷つけ、血を流す君をみて笑うだろう
    だけど彼女は君の最も良いところも悪いところも引き出すだろう

    それは全て君自身のせいだよ、だって僕にとってはいつも1人の女性なんだ
    あぁ、彼女は自分のことしか考えてない、もしその気であればまっているはずだ
    彼女は時間も超越しているよ
    あぁ、彼女は自分から与えることもなければ、屈服することもない
    彼女はただ心変わりするだけさ

    彼女はたびたび優しくなったり、急に残酷になったり
    気の向くままに振舞うけど、誰も彼女を騙すことはできない
    だけど、彼女は悪びれるわけもなく、その資格するあるようだ
    そして彼女がする大半は君に影を落とすことだけ
    だけど僕にとってはいつも1人の女性なんだ
  • 【英語歌詞】

    She can kill with a smile, she can wound with her eyes
    She can ruin your faith with her casual lies
    And she only reveals what she wants you to see
    She hides like a child but she's always a woman to me
    She can lead you to love, she can take you or leave you
    She can ask for the truth but she'll never believe you
    And she'll take what you give her as long as it's free

    Yeah she steals like a thief but she's always a woman to me
    Oh, she takes care of herself, she can wait if she wants
    She's ahead of her time
    Oh, she never gives out and she never gives in
    She just changes her mind

    And she'll promise you more than the garden of Eden
    Then she'll carelessly cut you and laugh while you're bleeding
    But she brings out the best and the worst you can be

    Blame it all on yourself 'cause she's always a woman to me
    Oh, she takes care of herself, she can wait if she wants
    She's ahead of her time
    Oh, she never gives out and she never gives in
    She just changes her mind

    She is frequently kind and she's suddenly cruel
    She can do as she pleases, she's nobody's fool
    But she can't be convicted, she's earned her degree
    And the most she will do is throw shadows at you
    But she's always a woman to me

英詞の単語・述語ピックアップ

ruin [rúːɪn]:破滅, 滅亡, 破産, 没落, 零落
faith [féɪθ]:信頼, 信用
casual [kˈæʒuəl]:(明確な意図のない)思いつきの, 何気ない, さりげない
steal [stíːl]:盗む
thief [θíːf]:(通例暴力によらないでこっそり行なう)泥棒
ahead [əhéd]:前方に, 前方へ
carelessly [kɛ́rləsli]:不注意に, うっかりして, うかつにも
blame [bléɪm]:非難する, とがめる
frequently [fríːkwəntli]:しばしば, たびたび, 頻繁に
suddenly [sˈʌdnli]:突然に, 不意に
cruel [krúːəl]:(人に苦痛を与えても平気でいる, という意味で)残酷な, 冷酷な, 無慈悲な, じゃけんな
convicted [kənvɪ́ktəd]:convictの過去形、または過去分詞。有罪と宣告する
earned [ɝ́nd]:earnの過去形、または過去分詞。(働いて)稼ぐ, もうける

名曲への感想

感想は後ほど。