Ben(ベンのテーマ)のストーリー・エピソード

映画『Ben(ベン)』の主題歌として、まだマイケル・ジャクソンが14歳のころに発表された同名の名曲「Ben(ベンのテーマ)」。この頃はジャクソン5としてではなく、すでにソロとして2作目のアルバムに収録されたものだ。

短く、とてもシンプルな楽曲だが、マイケルの語りかけるようなの歌声と歌詞の内容に引き込まれる。ベンのようなネズミではないが、自分も小さい頃に犬を貰い、一緒に育ってきたので、この歌詞を訳すと、とても気持ちが分かる。

うちの犬は雌だったが、彼女とは兄妹のように過ごし、友達のように一緒に駆け回り、時に親友のように語り、行き場のない怒りをぶつけ、時に恋人のように愛おしく、寂しさを紛らわしてくれた。こんな友達がいてくれたからこそ、今の自分があるのだろう。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

名曲:Ben - ベンのテーマ title01 Ben(ベンのテーマ)
album01 Ben(ベン)
artist01 Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)

Benの動画・PV

 
"僕が君の友だちだってこと"

Benの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    ベン、僕ら二人はもう捜さなくていいんだ
    僕らは捜していた物を見つけたから
    自分のものだと呼べる友達と一緒なら
    僕はもう独りぼっちじゃない、君もね、マイフレンド、分かるさ
    僕が君の友だちだってこと

    ベン、君はいつもあちこち駆けまわってるけど
    どこでも必要とされていないと感じるんだね
    もしこれまでを振り返っても、嫌なことばかりだとしても
    これだけは分かっておくれ、君には今は行く場所があるんだ

    僕はこれまで“僕と自分”と言ってきた
    でも今は二人、今は“僕ら”だね
    僕はこれまで“僕と自分”と言ってきた
    でも今は二人、今は“僕ら”だね

    ベン、ほとんどの人は君を追い払うけど
    僕はそんな言葉に耳をかさないよ
    彼らは僕と同じように君を見てないのさ
    彼らもそうしたらいいのにね
    僕はベンのような友達が彼らにいたら、きっと彼らだって考え直すと思うよ
    ベンのような友だちがいれば
    ベンのようなね
  • 【英語歌詞】

    Ben, the two of us need look no more
    We both found what we were looking for
    With a friend to call my own
    I'll never be alone, and you, my friend, will see
    You've got a friend in me

    Ben, you're always running here and there
    You feel you're not wanted anywhere
    If you ever look behind and don't like what you find
    There's something you should know, you've got a place to go

    I used to say I and me,
    Now it's us, now it's we
    I used to say I and me,
    Now it's us, now it's we

    Ben most people would turn you away
    I don't listen to a word they say
    They don't see you as I do
    I wish they would try to'
    I'm sure they'd think again if they had a friend like Ben
    A friend like Ben
    (Like Ben)
    Like Ben

英詞の単語・述語ピックアップ

both [bóʊθ]:両者の, 両方の, 双方の
own [óʊn]:自分自身の, 自分の
anywhere [éni(h)wèɚ]:どこにでも, どこへでも
ever [évɚ]:かつて, いつか, これまでに
something [sˈʌmθɪŋ]:何か, あるもの, ある事
would [(弱形) (w)əd]:…であろう

名曲への感想

感想は後ほど。