Without You(ウィザウト・ユー)のストーリー・エピソード

初めてこの曲を耳にしたのは、マライア・キャリーでのカバーだった。きっと多くの人がそうだろう。ミュージック・ボックスのアルバムで先日も紹介した「Hero」と一緒に収録されている。

原曲があるということで調べてみると、このニルソンに行き着いたわけだ。 マライア・キャリーのバージョンは良いが、こちらも負けず劣らず、めちゃくちゃカッコいい。 特にオクターブ上がるサビの部分なんて、女性のようには綺麗過ぎず、男性的なしゃがれた部分も混ざって、何度聴いてもぞくっとする。男性バージョン、女性バージョンとして、聴き比べても面白いと思う♫

また、歌詞は当然同じなのだが、和訳を見るとやはりこれは男が作ったものなんだなってのが分かる気がする。 でも、これも1つの男らしさなのかもしれない。
(ちなみにもっと調べてみると、原曲はさらに違う人だった。。。 それはまた別の機会にでも。)


名曲収録・名盤アルバムの紹介

withoutyou title01 Without You(ウィザウト・ユー)
album01 Nilsson Schmilsson(ニルソン・シュミルソン)
artist01 Nilsson(ニルソン)

Without Youの動画・PV

 
"もし生きることがあなたなしでと言うなら..."

Without Youの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    そう、この夕闇の景色とあなたの顔を忘れることができない
    あなたが私から去って行くときの
    でも、それがあなたと私の行き着くところだったと思う
    あなたはいつも微笑んでいた、でも、あなたの瞳には悲しみが
    見えていた そう、いつも悲しみが見えていた

    そう、私は明日のことを気にしないわけにはゆかない
    私がその悲しみを思うときの
    私があなたに会って、別れを告げるときの
    でも今は、あなたに知らせるべきだと思っている
    いつかはあなたが知ることだから

    私は生きることができない
    もし生きることがあなたなしでと言うなら、
    私は生きることができない
    私は、もはや、何もあなたに与えることができない
    私は生きることができない
    もし生きることがあなたなしでと言うなら、
    私は与えることができない
    私は、もはや何もあなたに与えることができない
  • 【英語歌詞】

    No, I can't forget this evening
    Or your face as you were leaving
    But I guess that's just the way the story goes
    You always smile but in your eyes your sorrow shows
    Yes, it shows

    No, I can't forget tomorrow
    When I think of all my sorrow
    When I had you there, but then I let you go
    And now it's only fair that I should let you know
    What you should know

    I can't live if living is without you
    I can't live, I can't give anymore
    I can't live if living is without you
    I can't give, I can't give anymore

    Well, I can't forget this evening
    Or your face as you were leaving
    But I guess that's just the way the story goes
    You always smile but in your eyes your sorrow shows
    Yes, it shows

    I can't live if living is without you
    I can't live, I can't give anymore
    I can't live if living is without you
    I can't live, I can't give anymore
    If living is without you

英詞の単語・述語ピックアップ

guess:推測、(当て推量で)(…を)言い当てる、解き当てる
sorrow:悲しみ、悲哀、悲痛、悲嘆

名曲への感想

感想は後ほど。