Good Old-Fashioned Lover Boy(懐かしのラヴァー・ボーイ)のストーリー・エピソード

クイーンの5枚目のアルバム「A Day at the Races(華麗なるレース)」に初収録された、この名曲「Good Old-Fashioned Lover Boy(懐かしのラヴァー・ボーイ)」。

一般的な邦題では、上記のように「懐かしのラヴァー・ボーイ」とされているが、私は歌詞から「古き良きラヴァー・ボーイ」と訳しても良いんじゃないかなと感じている。

曲調は、フレディの曲で多い、ピアノとヴォーカルのみで始まり、バンドが後から重なってくるパターンだが、この曲はサビの部分「Ooh love, ooh loverboy What're you doin' tonight, hey, boy?」のメロディーが個人的にものすごく好きだ!なんと素敵なノリだろうか。彼らの曲調に多いロックオペラというより、軽やかのポップス感もあり、フレディが楽しそうに歌っているのが、とても心地よい。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

名曲のGood Old-Fashioned Lover Boy - 懐かしのラヴァー・ボーイ title01 Good Old-Fashioned Lover Boy(懐かしのラヴァー・ボーイ)
album01 A Day at the Races(華麗なるレース)
artist01 Queen(クイーン)

Good Old-Fashioned Lover Boyの動画・PV

 
"僕は古き良きラヴァー・ボーイだからね"

Good Old-Fashioned Lover Boyの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    薄明かりのなか、君に悲しみいっぱいの歌を歌おう
    2人だけのためにタンゴを踊ることもできる
    セレナーデを歌い、優しく君の琴線に触れることも
    君だけのバレンティーノになってあげるよ

    ウゥ〜ラブ、ウゥ〜ラヴァーボーイ
    今夜は何をするつもりだい、ヘイ、ボーイ
    アラームをセットして、オンにするよ
    だって僕は古き良きラヴァー・ボーイだからね

    あぁ、君の鼓動を感じさせて(どんどん早くなる)
    あぁ、あぁ、僕の愛情を感じるかい
    ここにきて座ってごらん、僕の愛のホットシートにさ
    そしたらすぐにどんな気分か教えてよ

    君と僕で愛を語り合いたい
    その言葉を言っておくれ、君の望みに僕は言いなりだ

    ウゥ〜ラブ、ウゥ〜ラヴァーボーイ
    今夜は何をするつもりだい、ヘイ、ボーイ
    手紙を書いて
    少し気分が良くなって
    電話で楽しいことを話そう

    君と離れているとき
    いつも君のことを考えている
    (長くて熱い夏の夜が恋しい)
    君が恋しい
    君と離れているとき
    いつも僕のことを考えて
    愛してる、愛してるよ

    ヘイ、ボーイ、どこからそれを手に入れたんだ
    ヘイ、ボーイ、どこへ行っていたんだ
    俺は自分の熱い思いを学んだんだ
    古き良き学校のラヴァー・ボーイでね

    リッツでダイニングで、9時ぴったりに会おう
    (1,2,3,4,5,6,7,8,9時ぴったり)
    僕がごちそうするよ、君はワインを味わって
    車で送っていくよ、うちは静かで良いところだよ
    僕を君の部屋へ連れていってくれても構わないよ

    ウゥ〜ラブ(また彼が通るよ)
    (彼は僕の古き良きラヴァー・ボーイ)ウゥ〜ラヴァーボーイ
    今夜は何をするつもりだい、ヘイ、ボーイ
    全てはうまくいくよ
    しっかり握ってごらん
    だって僕は古き良きラヴァー・ボーイだからね
  • 【英語歌詞】

    I can dim the lights and sing you songs full of sad things
    We can do the tango just for two
    I can serenade and gently play on your heart strings
    Be your Valentino just for you

    Ooh love, ooh loverboy
    What're you doin' tonight, hey, boy?
    Set my alarm, turn on my charm
    That's because I'm a good old-fashioned loverboy

    Ooh, let me feel your heartbeat (grow faster, faster)
    Ooh, ooh, can you feel my love heat?
    Come on and sit on my hot-seat of love
    And tell me how do you feel right after all

    I'd like for you and I to go romancing
    Say the word: your wish is my command

    Ooh love, ooh loverboy
    What're you doin' tonight, hey, boy?
    Write my letter
    Feel much better
    And use my fancy patter on the telephone

    When I'm not with you
    Think of you always
    (I miss those long hot summer nights)
    I miss you
    When I'm not with you
    Think of me always
    Love you, love you

    Hey, boy, where do you get it from?
    Hey, boy, where did you go?
    I learned my passion
    In the good old-fashioned
    School of loverboys

    Dining at the Ritz we'll meet at nine precisely
    (one, two, three, four, five, six, seven, eight, nine o'clock)
    I will pay the bill, you taste the wine
    Driving back in style, in my saloon will do quite nicely
    Just take me back to yours that will be fine (come on and get it)

    Ooh love (there he goes again),
    (he's my good old fashioned loverboy) ooh loverboy
    What're you doin' tonight, hey, boy?
    Everything's all right
    Just hold on tight
    That's because I'm a good old-fashioned (fashioned) loverboy

英詞の単語・述語ピックアップ

dim [dím]:ほの暗い
serenade [sèrənéɪd]:セレナーデ, 小夜(さよ)曲, 夜の調べ
alarm [əlάɚm]:警報, 非常報知
command [kəmˈænd]:(権力・権限のある者が正式に)(…を)命令する
patter [pˈæṭɚ]:(…に)パラパラと降る, パタパタと音を立てる
precisely [prɪsάɪsli]:正確に, 精密に, 的確に
saloon [səlúːn]:(かつての西部の)酒場, バー
nicely [náɪsli]:りっぱに, 心地よく

名曲への感想

感想は後ほど。