Under Pressure(アンダー・プレッシャー)のストーリー・エピソード

この名曲「Under Pressure(アンダー・プレッシャー)」は1981年に彼らクイーンとデヴィッド・ボウイとの共作により発表された楽曲だ。もともとはデヴィットなしで制作を進めていたが、納得がいかず、ちょうど同じスタジオに来ていた彼とのジャムセッションによって生まれた楽曲とのことだ。まさに天才同士のコラボレーションだ。

基本的にフレディーが高音パート、デヴィットが低音パートを担当しているが、またこのデヴィットの低音域の歌声がたまらない。だが、曲中に度々出てくるフレディのスキャットがジャズのように絡んで、グルーヴを盛り立てる。

歌詞は和訳を見ても分かるように、フレディの世界観、抽象的な表現もあるが、他の楽曲よりは現実的というか、タイトル通り、プレッシャーの下、色々な場面、感じることがあるだろう。でも、完全に何もプレッシャーを感じないことなどないだろう。大小問わず、プレッシャーを感じながらも、誰もがこの世で自分という役を演じなければならないのかもしれない。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

Queen(クイーン)の名曲、Under Pressure - アンダー・プレッシャーが収録されたアルバム title01 Under Pressure(アンダー・プレッシャー)
album01 Hot Space(ホット・スペース)
artist01 Queen(クイーン)

Under Pressureの動画・PV

 
"この世のことをを知ることは恐怖だ"

Under Pressureの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    Mmm num ba de
    Dum bum ba be
    Doo buh dum ba beh beh

    プレッシャーが僕にのしかかる
    君にも圧しかかる、誰も頼んでないのに
    プレッシャのもと、それは建物を焼きはらい
    1つの家族を2つに引き裂き
    人々を路頭に迷わす

    Um ba ba be
    Um ba ba be
    De day da
    Ee day da, that's okay

    *この世のことをを知ることは恐怖だ
    何人かの親友が叫んでいるのを見ている
    ”ここから出してくれ!”と
    明日が僕をハイにしてくれることを祈ろう
    人々にかかるプレッシャー、街の人々

    Day day de mm hm
    Da da da ba ba
    Okay
    手当たり次第切り刻む、僕の脳みそを床に巻き散らす
    かつては振れば必ずどしゃ降りの日もあった
    Ee do ba be
    Ee da ba ba ba
    Um bo bo
    Be lap
    街の人々
    Ee da de da de
    街の人々
    Ee da de da de da de da

    *繰り返し

    全ての人々が盲目になったかのように目を逸らし
    フェンスに座っていたところで、何も起こらない
    恋は次々とやってくるが、深く引き裂かれる
    なぜ、なぜ、なぜ
    愛、愛、愛、愛、愛
    プレッシャーのもとで狂気に笑い、僕たちは壊れる

    僕らにもう一度チャンスはないのか
    僕らにもう一度愛を与えるチャンスはないのか
    僕らにもう一度愛を与える、愛を、愛を、愛を
    愛を、愛を、愛を、愛を、愛を

    なぜって、愛なんて言葉はもう時代遅れなのさ
    それに愛は君にあえてさせるよ
    夜の淵に立つ人々を思いやることを
    それに愛は(街の人々)あえて君に変えるようにするよ
    自分たち自身を思いやるやり方を
    これが僕らの最後のダンス
    これが僕らの最後のダンス
    これがプレッシャーの下の僕らだ
    プレッシャーの下
    プレッシャー
  • 【英語歌詞】

    Mmm num ba de
    Dum bum ba be
    Doo buh dum ba beh beh

    Pressure pushing down on me
    Pressing down on you, no man ask for
    Under pressure that burns a building down
    Splits a family in two
    Puts people on streets

    Um ba ba be
    Um ba ba be
    De day da
    Ee day da, that's okay

    It's the terror of knowing what the world is about
    Watching some good friends screaming
    "Let me out!"
    Pray tomorrow gets me higher
    Pressure on people, people on streets

    Day day de mm hm
    Da da da ba ba
    Okay
    Chipping around, kick my brains around the floor
    These are the days it never rains but it pours
    Ee do ba be
    Ee da ba ba ba
    Um bo bo
    Be lap
    People on streets
    Ee da de da de
    People on streets
    Ee da de da de da de da

    *repeat

    Turned away from it all like a blind man
    Sat on a fence but it don't work
    Keep coming up with love but it's so slashed and torn
    Why, why, why?
    Love, love, love, love, love
    Insanity laughs under pressure we're breaking

    Can't we give ourselves one more chance?
    Why can't we give love that one more chance?
    Why can't we give love, give love, give love, give love
    Give love, give love, give love, give love, give love?

    'Cause love's such an old fashioned word
    And love dares you to care for
    The people on the edge of the night
    And love (people on streets) dares you to change our way of
    Caring about ourselves
    This is our last dance
    This is our last dance
    This is ourselves under pressure
    Under pressure
    Pressure

英詞の単語・述語ピックアップ

pressure [préʃɚ]:押すこと, 押し寄せること
pray [préɪ]:祈る
chipping [tʃɪ́pɪŋ]:chipの現在分詞。(木・ガラス・瀬戸物・ペンキなどの)かけら, こっぱ, 切れ端, 削りくず
higher [háɪɚ]:さらなる高みへ
slashed [slǽʃt]:(裏地を見せるために)スラッシュをつけた
insanity [ìnsˈænəṭi]:精神異常, 精神病, 狂気
ourselves [ɑɚsélvz]:我々自身, 私たち自身

名曲への感想

感想は後ほど。