Englishman In NewYork(イングリッシュマン・イン・ニューヨーク)のストーリー・エピソード

1987年にリリースされたスティングのアルバム「Nothing Like the Sun(ナッシング・ライク・ザ・サン)」に収録された1曲。その当時はシングルカットなどはされなかったようだが、アルバム自体は他にも名曲が多数収録されており、200万枚を超える、スティングのベストセラーの1つとなっている。

スティングがイングランド出身であり、各国と飛び回るアーティストとして、そして1人の人間として、歌詞のような経験を幾度となく経験していることだろう。自分も経験しているが、数年であっても新たな土地に居つくことは簡単なことではない。イングランドとニューヨークで言えば、英語という言語は一緒かもしれないが、アクセントも違えば、文化も違う。食べ物の好みだって違うだろう。言葉が通じなければ時代によっては本当にエイリアンと変わらない存在かもしれない。

ただそこにいても、「I'm English Man」「Be Yourself」と自国に対する、また自身に対する誇りを強く感じる。自分も自分らしく生きてきたつもりではあるが、流されず誇りを持って生きてこれただろうか。さらにこれからもそう生きれるだろうか。楽曲としても素晴らしく、考えさせられる名曲。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

englishmaninnewyork title01 Englishman In NewYork(イングリッシュマン・イン・ニューヨーク)
album01 Nothing Like the Sun Import(ナッシング・ライク・ザ・サン)
artist01 Sting(スティング)

Englishman In NewYorkの動画・PV

 
"私はニューヨークに住む英国人なんだ"

Englishman In NewYorkの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    私はコーヒーは飲まない、紅茶がいいんだマイディア
    私のトーストは片面だけよく焼いておくれ
    君は私が喋る時のアクセントで判るだろう
    私はニューヨークに住む英国人なんだ

    五番街を良く散歩しているよ
    傍らにはいつもステッキを持ってね
    どこへでも肌身離さず持ち歩くのさ
    私はニューヨークに住む英国人なんだ

    私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ
    そう、私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ

    誰かが言ったような“礼儀が人を作る”なら
    彼こそ今の時代の紳士だろう
    無知を経験し、それでも微笑みを浮かべなくちゃならない
    誰が何を言おうとも紳士たれ

    私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ
    そう、私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ

    謙虚さや礼儀作法はきっと高名へと導いてくれるだろう
    気がつけば唯一無二の存在になっているだろう
    親切さや落ち着きはめずらしくなってしまった今の社交界
    キャンドルの光が太陽よりも眩しい夜でのこと

    武装をしても一人前の人間にはしてくれない
    銃のライセンスを持っていても同じだ
    数々の敵と直面しても、可能な限り無駄な戦いは避ける
    紳士たるもの歩き続け、決して走ったりしない

    誰かが言ったような“礼儀が人を作る”なら
    彼こそ今の時代の紳士だろう
    無知を経験し、それでも微笑みを浮かべなくちゃならない
    誰が何を言おうとも紳士たれ
    誰が何を言おうとも紳士たれ
    誰が何を言おうとも紳士たれ
    誰が何を言おうとも紳士たれ
    誰が何を言おうとも紳士たれ

    私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ
    そう、私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ

    私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ
    そう、私はエイリアンだ、法律的に認められた外人
    私はニューヨークに住む英国人なんだ
  • 【英語歌詞】

    I don't drink coffee I take tea my dear
    I like my toast done on one side
    And you can hear it in my accent when I talk
    I'm an Englishman in New York

    See me walking down Fifth Avenue
    A walking cane here at my side
    I take it everywhere I walk
    I'm an Englishman in New York

    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York
    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York

    If ""Manners maketh man"" as someone said
    Then he's the hero of the day
    It takes a man to suffer ignorance and smile
    Be yourself no matter what they say

    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York
    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York

    Modesty, propriety can lead to notoriety
    You could end up as the only one
    Gentleness, sobriety are rare in this society
    At night a candle's brighter than the sun

    Takes more than combat gear to make a man
    Takes more than a license for a gun
    Confront your enemies, avoid them when you can
    A gentleman will walk but never run

    If ""Manners maketh man"" as someone said
    Then he's the hero of the day
    It takes a man to suffer ignorance and smile
    Be yourself no matter what they say
    Be yourself no matter what they say
    Be yourself no matter what they say
    Be yourself no matter what they say
    Be yourself no matter what they say...

    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York
    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York

    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York
    I'm an alien, I'm a legal alien
    I'm an Englishman in New York

英詞の単語・述語ピックアップ

accent [ˈæksent]:アクセント
maketh []:《古》makeの三人称単数現在形
suffer [sˈʌfɚ]:経験する, こうむる, 受ける
ignorance [ígnərəns]:無知, 無学
modesty [mάdɪsti]:謙遜(けんそん), 謙虚, 慎み深さ
propriety [prəprάɪəṭi]:(特に男女間の, または異なる社会的地位・年齢の人の間の)作法, 礼儀(正しいこと)
notoriety [nòʊṭərάɪəṭi]:(通例悪い意味の)評判, 有名, 悪名
gentleness [dʒénṭlnəs]:優しさ, 親切
sobriety [səbrάɪəṭi]:酔っていないこと, しらふ
combat [kəmbˈæt]:(…と)戦う, 闘争する
confront [kənfrˈʌnt]:直面する, 大胆に立ち向かう

名曲への感想

感想は後ほど。