London Calling(ロンドン・コーリング)のストーリー・エピソード

ザ・クラッシュの代表曲、最高傑作とも言えるこの「ロンドン・コーリング」。同名のアルバムも新境地を開き、商業的にも成功している。

この曲のタイトルは第二次大戦中のBBCの放送で用いられた「This is London calling(こちらロンドン)」から来ているが、和訳では、シンプルにロンドン・コーリングとしている。

そのため、歌詞の内容も「予測されるメルトダウン」「穀類もろくに育たない」「核兵器」など戦争に関わるものが多く、ロンドンは溺死寸前なんだと何度も繰り返すのが印象的だ。

管理人は昔は正直、このパンク・ロックというジャンルが好きではなかった。メッセージが良いとは言われるが、そもそも音楽として決して素晴らしいと言えるものではないと感じたからだ。でも、この曲はレゲエ調のリズムに、印象に残るベースライン、リピートされる「ロンドン・コーリング」と淡々と進む曲に引き込まれる。

多くのスター、バンドに愛されたジョー・スタラマーというアーティストの魅力が詰まった名曲だ。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

londoncalling title01 London Calling(ロンドン・コーリング)
album01 London Calling(ロンドン・コーリング)
artist01 The Clash(ザ・クラッシュ)

London Callingの動画・PV

 
"だって、ロンドンは溺死寸前なんだ"

London Callingの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    ロンドン・コーリング 遠くの街々へ
    今宣戦布告され、そして戦闘終了
    ロンドン・コーリング 地球の裏側へ
    食器戸棚から出てこいよ、少年少女達
    ロンドン・コーリング、俺達に目を向けるな
    インチキなビートルマニアなんてほかっておけ
    ロンドン・コーリング 分かるだろ、俺達はスウィングなんて感じていない
    だけど、ビックリするような知らせの時は違うけどな

    氷河期がそこまで来てる、太陽はどんどん拡大している
    予測されるメルトダウン、穀類もろくに育たない
    エンジンは動くのをやめ、だけど恐くはない
    だって、ロンドンは溺死寸前なんだ、それに俺は河のそばに住んでる

    ロンドン・コーリング イミテーションの世界へ
    忘れろよブラザー、放り投げれるよ
    ロンドン・コーリング、死のゾンビへ
    抑えるのは止めた方がいい、そして一呼吸しな
    ロンドン・コーリング、それに俺はシャウトなんかしたくない
    でも俺達が話す時だって、おまえは朦朧としてるだろ
    ロンドン・コーリング、分かるだろ、ハイになんてなってない
    黄色い目をした奴を除いてはな

    氷河期がそこまで来てる、太陽はどんどん拡大している
    予測されるメルトダウン、穀類もろくに育たない
    核兵器はエラーを起こし、だけど恐くはない
    だって、ロンドンは溺死寸前なんだ、それに俺は河のそばに住んでる

    氷河期がそこまで来てる、太陽はどんどん拡大している
    予測されるメルトダウン、穀類もろくに育たない
    核兵器はエラーを起こし、だけど恐くはない
    だって、ロンドンは溺死寸前なんだ、それに俺は河のそばに住んでる

    ああ、今まさに
    ロンドン・コーリング、そう俺もそこにいたのさ
    それに奴等がなんて言ってたか分かるかい?そこそこ本当のことなんだ
    ロンドン・コーリング、ダイヤルトップ
    これが全て終わったら、笑わしてくれるかい?
    ロンドン・コーリング…

    俺は今までこれと似たような感覚は感じたことがない、感じたことがない...
  • 【英語歌詞】

    London calling to the faraway towns
    Now war is declared, and battle come down
    London calling to the underworld
    Come out of the cupboard, you boys and girls
    London calling, now don't look to us
    Phoney Beatlemania has bitten the dust
    London calling, see we ain't got no swing
    Except for the ring of that truncheon thing

    The ice age is coming, the sun's zooming in
    Meltdown expected, the wheat is growing thin
    Engines stop running, but I have no fear
    'Cause London is drowning, and I live by the river

    London calling to the imitation zone
    Forget it brother, you can go it alone
    London calling to the zombies of death
    Quit holding out, and draw another breath
    London calling, and I don't wanna shout
    But while we were talking, I saw you nodding out
    London calling, see we ain't got no high
    Except for that one with the yellowy eyes

    The ice age is coming, the sun's zooming in
    Engines stop running, the wheat is growing thin
    A nuclear error, but I have no fear
    'Cause London is drowning, and I live by the river

    The ice age is coming, the sun's zooming in
    Engines stop running, the wheat is growing thin
    A nuclear error, but I have no fear
    'Cause London is drowning, and I live by the river

    Now get this...
    London calling, yes, I was there too
    And you know what they said? Well, some of it was true!
    London calling at the top of the dial
    And after all this, won't you give me a smile?
    London calling...

    I never felt so much alike alike alike alike..

英詞の単語・述語ピックアップ

cupboard [kˈʌbɚd]:(食器・食料品などを入れる, 通例戸のついた)戸棚, 食器棚, カバード
phoney [fóʊni]:いかさまの, まやかしの, いんちきな
except [eksépt]:…を除いては, …のほかは
truncheon [trˈʌntʃən]:こん棒
wheat [(h)wíːt]:コムギ
nuclear [n(j)úːkliɚ]:原子核の, 核兵器の
alike [əlάɪk]:同様で, 等しくて, よく似て

名曲への感想

感想は後ほど。