Last Christmas(ラストクリスマス)のストーリー・エピソード

クリスマスと言えばワム! ワムと言えばこの曲! というほど、誰もが耳にした事があるのが、この「ラストクリスマス」。山下達郎の「クリスマスイブ」と並ぶ、日本でも有名なクリスマスソング♫ 肌寒さを感じる季節になると、意識しなくても街に流れ始める季節限定のこの曲。25日を超えると途端に忘れてしまうのに、毎年この時期だけは聴きたくなり、聴かないと冬やクリスマスを感じられないという人もいることでしょう。

 この曲があまりに有名過ぎて、ワムは一発屋的なイメージを持っている方も多いかもしれませんが、そんな事はありません!「I'm Your Man」「Everything She Wants」など名曲多数! 個人的には「Wake Me Up Before You Go-Go」のほうがラストクリスマスよりも好みです!! ですので、今回はあえてベスト盤のアルバムをご紹介です。 パッと見はアイドル2人組のように見えますが、メンバーの1人のジョージ・マイケルはその後、ソロ活動をしており、今では大御所と言ってよい程の実力はR&Bボーカルリスト。これだけ多くの人に聴かれているのも納得です。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

lastchirstmas title01 Last Christmas(ラストクリスマス)
album01 Last Christmas(ラストクリスマス)
artist01 Wham(ワム!)

Last Christmasの動画・PV

 
"今年のクリスマスは、誰か特別な人に捧げるつもりさ"

Last Christmasの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    去年のクリスマス 君に僕の気持ちを捧げたね
    でも次の日 君はそれを投げ出してしまった
    今年 僕は涙を流さないように
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    去年のクリスマス 君に僕の気持ちを捧げたね
    でも次の日 君はそれを投げ出してしまった
    今年 僕は涙を流さないように
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    あの失敗で自信を無くして
    君と距離を置いてるけど、やっぱり君が気になるのさ
    教えてベイビー 君は僕を意識してる?
    そう、あれからもう1年さ 別に驚くことじゃないけど

    メリー・クリスマス

    僕の気持ちをラッピングして君に贈ったね
    ”アイ・ラブ・ユー”のメッセージと一緒に 本気だったんだ
    僕はなんてバカな事をしたんだろう
    でも君が僕にキスしてくれたら また君を好きになるんだろうね

    去年のクリスマス 君に僕の気持ちを捧げたね
    でも次の日 君はそれを投げ出してしまった
    今年 僕は涙を流さないように
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    去年のクリスマス 君に僕の気持ちを捧げたね
    でも次の日 君はそれを投げ出してしまった
    今年 僕は涙を流さないように
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    オー
    オーベイビー

    賑やかな部屋で 疲れた目をしてる友達たち
    僕は君と君の冷たい気持ちから逃げてるのさ
    なんてことだ! 君は僕を受け入れてくれると信じていたのに
    僕?君の心の支えになってるって思っていたよ

    恋の炎を心に秘めた僕
    気にしてないふりをしてるけど、君は僕の心を引き裂いたのさ
    ウー ウー
    僕は本当の愛をみつけたよ もう君を好きになることはないだろう

    去年のクリスマス 君に僕の気持ちを捧げたね
    でも次の日 君はそれを投げ出してしまった
    今年 僕は涙を流さないように
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    去年のクリスマス 君に僕の気持ちを捧げたね
    でも次の日 君はそれを投げ出してしまった
    今年 僕は涙を流さないように
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    恋の炎を心に秘めた僕
    (君に僕の気持ちを捧げたね)
    気にしてないふりをしてるけど、君は僕の心を引き裂いたのさ

    次のクリスマス

    僕は誰かに捧げるつもりさ
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    特別な 誰か
    誰かに

    僕は誰かに捧げるつもりさ
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    僕の気持ちに応えてくれる人がいるかな
    (僕は誰かに捧げるつもりさ)
    僕の恋の炎を受け止めて欲しい

    僕は誰かに捧げるつもりさ
    誰か特別な人に捧げるつもりさ

    君と一緒にここにいたのさ
    君を1日中愛することが出来るよ

    君だと思っていたのさ 特別な誰かは
    君に僕の気持ちを捧げたね

    僕は誰かに捧げるつもりさ
    誰かに捧げるつもりさ

    去年のクリスマス 君に僕の気持ちを捧げたね
    君はそれを投げ出してしまった
    僕は誰かに捧げるつもりさ
    誰かに捧げるつもりさ
  • 【英語歌詞】

    Last Christmas
    I gave you my heart
    But the very next day you gave it away
    This year
    To save me from tears
    I'll give it to someone special

    Last Christmas
    I gave you my heart
    But the very next day you gave it away
    This year
    To save me from tears
    I'll give it to someone special

    Once bitten and twice shy
    I keep my distance
    But you still catch my eye
    Tell me baby
    Do you recognize me?
    Well
    It's been a year
    It doesn't surprise me
    (Happy Christmas)
    I wrapped it up and sent it
    With a note saying ”I love you”
    I meant it
    Now I know what a fool I've been
    But if you kissed me now
    I know you'd fool me again

    Last Christmas
    I gave you my heart
    But the very next day you gave it away
    This year
    To save me from tears
    I'll give it to someone special

    A crowded room
    Friends with tired eyes
    I'm hiding from you
    And your soul of ice
    My god I thought you were
    Someone to rely on
    Me?
    I guess I was a shoulder to cry on

    A face on a lover with a fire in his heart
    A man under cover but you tore me apart
    Now I've found a real love you'll never fool me again

    Last Christmas
    I gave you my heart
    But the very next day you gave it away
    This year
    To save me from tears
    I'll give it to someone special

    Last Christmas
    I gave you my heart
    But the very next day you gave it away
    This year
    To save me from tears
    I'll give it to someone special

    A face on a lover with a fire in his heart
    A man under cover buy you tore him apart
    Maybe next year I'll give it to someone
    I'll give it to someone special.

英詞の単語・述語ピックアップ

recognize [rékəgnὰɪz]:(…を)(事実であると)認める, 認知する, 承認する
wrap [rˈæp]:(…に)包む, くるむ
apart [əpάɚt]:(時間・空間的に)離れて, 別れて, 別々に

名曲への感想

エレキギターの甘いトーンのアルペジオから静かに始まるイントロ。 そこから80年代を思いっきり感じさせるリバーブの効いたシンプルなドラムとシンセサイザー。いや〜、いいですね♫
 歌い出しはコーラスから。それを2回。繰り返し出てくるこのコーラスも、ずっと同じ歌詞の繰り返し。ストレートで数回聴いただけでも、きっとすぐに口ずさんでしまうでしょうね。ここの部分の和訳を見ても分かるように、この曲が失恋の曲だと分かりますね。でも、曲調を含めそんなに悲しい感じではない。 歌詞にも”I’ll give it to someone special” 和訳だと”誰か特別な人に捧げるつもりさ”とありますが、きっともう気持ちは次の恋に向いていて、すでにもう特別な人がいるのでしょう。
ここに出てくる”君”との時間は確かに大切な思い出だけど、それからの悲しい想いがあったからこそ、今の”特別な人”とはもっと大切な時間を過ごせるようにしたい、という気持ちが歌詞の裏には含まれているように感じます。 だから、切なく聴こえずに、もっと明るく笑って寄り添っているような気持ちになるのかな、と感じます。

 この曲の英詩で好きなところは”A face on a lover with a fire in his heart”という表現。和訳では”恋の炎を心に秘めた僕”などと訳してしてますが、時代的なところもありますが、こういう英語の表現ってキザだけど、恥ずかしい位ストレートな表現で私は好きです♫