You've Got a Friend(君の友だち)のストーリー・エピソード

女性シンガーソングライターのキャロル・キングとして、代表曲と言われる曲は数多くありますが、中でも誰もが知っている曲と言えば、この'You've Got a Friend 〜君の友達〜'でしょう。仮に原曲を知らない人でも、ジェイムス・テイラーを始め、数多くのアーティストがカバーしているため1度は聴いた事がある人は多いのではないでしょうか。
特にジェイムス・テイラーのカバーは実際の原曲よりも人気が出ており、彼のギターバージョンはあまりに自然で、キャロル・キングのほうがカバー曲と思っている方も多いと思います。実際にこの2人は仲が良く、お互いのライブに出演しており、いくつもの名演を残しております。
今回はその中でもこちらの動画をご紹介☆


名曲収録・名盤アルバムの紹介

Carol King(キャロル・キング)の名曲、You've Got a Friend-君の友だちが収録されたアルバム title01 You've Got a Friend(君の友だち)
album01 Tapestry(つづれおり - タペストリー)
artist01 Carol King(キャロル・キング)

You've Got a Friendの動画・PV

 
"あなたにはいるよ、友達がね"

You've Got a Friendの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    あなたが落ち込んだり、悩んだとき
    あなたが愛の慰めを望むとき
    そして全てにおいて、うまくいかない、そんなときは
    そっと目を閉じて、私のことを考えて
    私はすぐに飛んで行って
    とても暗い夜さえも、私は明るくしてあげるから

    あなたが私の名を呼ぶだけで
    私はどこに居ようとも
    あなたに会いに飛んで行く
    冬でも、春でも、夏でも、秋でもかまわない
    あなたが呼んでさえくれたなら
    私はすぐに飛んで行く
    あなたには居る、友達が

    もしも、あなたの上にある空が
    暗く、雲でいっぱいになって
    そして、いつもの北風が吹き始めたら
    頭をしっかり上げて
    大声で私の名を呼んで
    私はすぐにあなたの扉をノックするから

    あなたが私の名を呼ぶだけで
    私はどこに居ようとも
    飛んで行く、あなたに会いに行く
    冬でも、春でも、夏でも、秋でもかまわない
    あなたが呼んでさえくれたなら
    私はすぐに飛んで行く、そう、飛んで行く

    友達が居るのは素晴らしい
    周りの人があなたに辛くあたるとき
    あなたを傷つけ、あなたを見捨てる時があるかもしれない
    その気があれば、魂までも奪ってしまう
    でも、そんなことさせちゃ駄目だよ

    あなたが私の名を呼ぶだけで
    私はどこに居ようとも
    飛んで行く、あなたに会いに飛んで行く
    冬でも、春でも、夏でも、秋でもかまわない
    あなたが呼んでさえくれたなら
    私はすぐに飛んで行く、そう、飛んで行く
    あなたには居る、友達が
  • 【英語歌詞】

    When you're down and troubled
    And you need some love and care
    And nothing, nothing is going right
    Close your eyes and think of me
    And soon I will be there
    To brighten up even your darkest night

    You just call out my name
    And you know wherever I am
    I'll come running, to see you again
    Winter, spring, summer or fall
    All you have to do is call
    And I'll be there
    You've got a friend

    If the sky above you
    Grows dark and full of clouds
    And that old north wind begins to blow
    Keep you head together
    And call my name out loud
    Soon you'll hear me knocking at you door

    You just call out my name
    And you know wherever I am
    I'll come running running yeah yeah to see you again
    Winter, spring, summer or fall
    All you have to do is call
    And I'll be there yes I will

    Now ain't it good to know that you've got a friend
    When people can be so cold
    They'll hurt you, yes and desert you
    And take your soul if you let them oh but don't you let them

    You just call out my name
    And you know wherever I am
    I'll come running running yeah yeah to see you again
    Winter, spring, summer or fall
    All you have to do is call
    And I'll be there yes I will
    You've got a friend
    You've got a friend

    Ain't it good to know you've got a friend
    Ain't it good to know, ain't it good to know, ain't it good to know
    You've got a friend
    Oh yeah now, you've got a friend
    Yeah baby, you've got a friend
    Oh yeah, you've got a friend

英詞の単語・述語ピックアップ

call out:大声で呼ぶ、叫ぶ、掛け声をかける
desert:放棄する、見捨てる、見放す
Ain't it good to know:〜だと分かっているのは素敵だよね

名曲への感想

私もジェイムステイラーのギターバージョンから入り、あちらがオリジナルだと思っていたくちである笑

歌の出だしがマイナーコードから始まるため、暗い印象が先行するが、サビでは歌詞とともに前向きなイメージに。私は特に「Winter, spring, summer or fall♫」の部分の小気味良いテンポがものすごく好きで、にまにましてしまう。また、春から始まらないところも、感覚的に面白い。

ジェイムステイラーの場合は、淡々と弾き、歌う感じですが、この動画のキャロル・キングは情感たっぷりで歌いきっているのが、また歌詞のメッセージが伝わるように感じる。4:00前後からジェイムスが登場し、キャロルが笑い、観客を含めて合唱するところがまた良い。

友達や恋人、自分の名を呼び、何かあればどこに居ようと飛んできてくれる。そんな人がいれば、これ以上とない喜びだろう。