Fire And Rain(ファイアー・アンド・レイン)のストーリー・エピソード

囁くように歌っている、優男のように見えるも、フォーク界を代表するシンガーソングライターの彼、ジェイスム・テイラー。 以前紹介した、キャロル・キングの「君の友達」のカバーでもさらに名前が知れ渡り、彼女とは親友でもあり、今もなお、いつも一緒に曲を演奏している仲でもある。

この曲の内容には、遠距離の恋人の死なのか、友人の自殺なのか、諸説はあるが、管理人が調べたところだと、ジェイムスの友人が、遠距離の恋人同士を気にかけ、サプライズで彼のライブに恋人を招待する際に、その飛行機が事故にあってしまった、という話がこの歌詞の意味に近いのではないかと感じた。

”君にはまた会えるといつも考えていたよ”という歌詞が沁みる。 大切な人とは出来るだけ側にいたい。でも、もし離れているなら、今すぐにでも会いに行きたい、行くべきだと、そう思った素晴らしい名曲だ。


名曲収録・名盤アルバムの紹介

fireandrain title01 Fire And Rain(ファイアー・アンド・レイン)
album01 Sweet Baby James(スウィート・ベイビー・ジェイムス)
artist01 James Taylor(ジェイムス・タイラー)

Fire And Rainの動画・PV

 
"もう一度君に会えると思ってた"

Fire And Rainの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    つい昨日の朝、君が死んだことを知らされたよ
    スーザン、彼らの考えた計画が君を死に追いやるなんて
    今朝散歩に出て、この歌を書いたんだが、
    これを誰に贈ればいいのか分からないよ

    晴れの日もあれば、雨の日もある
    永遠に続くかと思うような太陽が輝く日々も見てきた
    友だちもいなくて、寂しい時間を過ごしたこともあった
    でも、君にはまた会えるといつも考えていたよ

    あなたは私を見ていてくれていますか、ジーザス
    立ち止まって 僕を助けてください
    明日まで生き延びられるかどうか 見届けてください
    身体が痛み、僕の人生はすぐ傍にあるというのに
    他にどう生きたらいいのか分からないんです

    晴れの日もあれば、雨の日もある
    永遠に続くかと思うような太陽が輝く日々も見てきた
    友だちもいなくて、寂しい時間を過ごしたこともあった
    でも、君にはまた会えるといつも考えていたよ

    ぼんやりと歩きながら、時間が過ぎていく
    太陽に背を向けながら
    主は冷たい風が吹けば、振り向かざる負えないことを知っている
    まぁ、これからの事を電話で話す時間はあったさ
    でも、甘い夢と空飛ぶ機械が地上で粉々に砕けてしまったよ

    晴れの日もあれば、雨の日もある
    永遠に続くかと思うような太陽が輝く日々も見てきた
    友だちもいなくて、寂しい時間を過ごしたこともあった
    でも、君にはまた会えるといつも考えていたよ

    もう一度君に会えると思ってた
    今ではもうあまり 未来には期待できない
    君に会えると思ってた会えると思ってたんだ、晴れの日も、雨の日もね
    もう一度君に会えると思ってた
  • 【英語歌詞】

    Just yesterday morning they let me know you were gone
    Suzanne the plans they made put an end to you
    I walked out this morning and I wrote down this song
    I just can't remember who to send it to

    I've seen fire and I've seen rain
    I've seen sunny days that I thought would never end
    I've seen lonely times when I could not find a friend
    But I always thought that I'd see you again

    Won't you look down on me, Jesus
    You've got to help me make a stand
    You've just got to see me through another day
    My body's aching and my time is at hand
    And I won't make it any other way

    oh, I've seen fire and I've seen rain
    I've seen sunny days that I thought would never end
    I've seen lonely times when I could not find a friend
    But I always thought that I'd see you again

    I’ve been walking my mind to an easy time
    My back turned towards the sun
    Lord knows the cold wind blows it’ll turn your head around
    Well, there’s hours of time on the telephone line
    To talk about things to come
    Sweet dreams and flying machines in pieces on the ground.

    oh, I've seen fire and I've seen rain
    I've seen sunny days that I thought would never end
    I've seen lonely times when I could not find a friend
    But I always thought that I'd see you, baby, one more time again, now

    Thought I'd see you one more time again
    There's just a few things coming my way this time around,
    Thought I'd see you, thought I'd see you fire and rain, now
    Thought i'd see you just one more time again.

英詞の単語・述語ピックアップ

toward [t(w)ˈɔɚd]:…のほうへ, …をさして
blow [blóʊ]:吹く

名曲への感想

感想は後ほど。