I Just Called To Say I Love You(心の愛)のストーリー・エピソード

キャリア53年の間に、30曲以上のU.S.TOP10ヒットを生み出している、まさに天才の名に相応しい彼。 その彼の長いキャリアの中期にあたる1984年に、映画「ウーマン・イン・レッド」のサウンドトラックとして使われたのが、この曲。 タイトルなんて普通に考えるととてもクサいけど、スティービーが曲にして歌っちゃうと、名曲になってしまうわけですな。

きっと彼の目には太陽の光は届かなかったのかもしれないけれど、神様からのラブコールは、彼の耳に届いていたんでしょうね♫

”I Love You”を三つの言葉で出来た真実、君の心を満たしたいって表現するところが、たまらなく素敵。 私も真似してみよう!! いや、やっぱりやめておこう、スティービーのようにはとてもいかないだろうから...笑


名曲収録・名盤アルバムの紹介

ijustcalledtosayiloveyou title01 I Just Called To Say I Love You(心の愛)
album01 I Just Called To Say I Love You(アイ・ジャスト・コールド・トゥ・セイ・アイ・ラブ・ユー)
artist01 Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)

I Just Called To Say I Love Youの動画・PV

 
"どれだけ君を想っているか言うために"

I Just Called To Say I Love Youの和訳と英語歌詞

  • 【和訳】

    別に新年のお祝いというわけじゃない
    おまけのキャンディーチョコレートでもない
    春の訪れでもない
    歌のプレゼントでもないんだ
    実のところ、きょうは普段のありふれた一日だよ

    別に四月の雨じゃない
    咲き誇る花でもない
    ジューンブライドでもない

    だけど、確実なのは三つの言葉でできた真実を
    君にぜひとも言いたいということ

    ぼくは I love you を言うために電話したんだよ
    そうどれだけ君を想っているか言うために
    ぼくは I love you を言うために電話したんだよ
    心底から本気でそれを言いたいんだ

    別にうきうきするような夏が来たわけじゃない
    七月の暑さじゃない
    八月の月に照らされた収穫の時が来たわけでもない
    秋のそよ風でもない
    舞い散る紅葉でもない

    渡り鳥が南に旅立つ時でもない
    十月の太陽でもない
    ハロウィーンでもない
    クリスマスが訪れて感謝しているわけでもない

    だけど古くて新しい三つの言葉で君の心を満たしたいんだ

    ぼくは I love you を言うために電話したんだよ
    そうどれだけ君を想っているか言うために
    ぼくは I love you を言うために電話したんだよ
    心底から本気でそれを言いたいんだ

    心の底から
    心の底から
  • 【英語歌詞】

    No New Year's Day to celebrate
    No chocolate covered candy hearts to give away
    No first of spring
    No song to sing
    In fact here's just another ordinary day

    No April rain
    No flowers bloom
    No wedding Saturday within the month of June
    But what it is, is something true
    Made up of these three words that I must say to you

    I just called to say I love you
    I just called to say how much I care
    I just called to say I love you
    And I mean it from the bottom of my heart

    No summer's high
    No warm July
    No harvest moon to light one tender August night
    No autumn breeze
    No falling leaves
    Not even time for birds to fly to southern skies

    No Libra sun
    No Halloween
    No giving thanks to all the Christmas joy you bring
    But what it is, though old so new
    To fill your heart like no three words could ever do

    I just called to say I love you
    I just called to say how much I care, I do
    I just called to say I love you
    And I mean it from the bottom of my heart

    I just called to say I love you
    I just called to say how much I care, I do
    I just called to say I love you
    And I mean it from the bottom of my heart, of my heart,
    of my heart

    I just called to say I love you
    I just called to say how much I care, I do
    I just called to say I love you
    And I mean it from the bottom of my heart, of my heart,
    baby of my heart

英詞の単語・述語ピックアップ

celebrate [séləbrèɪt]:挙行する
cover [kˈʌvɚ]:(…の)表面をおおう
ordinary [ˈɔɚdənèri]:
within [wɪðìn]:(時間・距離・範囲など)…以内で、 …を越えずに、 …の範囲内で
judge [dʒˈʌdʒ]:裁判官、 判事
bottom [bάṭəm]:底、 基部
harvest [hάɚvɪst]:(穀物・果物・野菜などの)収穫、 刈り入れ、 採取
tender [téndɚ]:柔らかい
breeze [bríːz]:微風、 そよ風
southern [sˈʌðɚn]:南の、 南向きの
in fact [iːn fˈækt]:事実上、 実際は

名曲への感想

感想は後ほど。